ネットショップで年商10億円を目指す楽天店長ブログ

楽天市場・yahoo!ショッピング・Amazon・Wowma・ポンパレモールなどでネットショップを運営している店長の年商10億円を目指す奇跡のブログです。

このブログは、市場規模15兆円のネット通販市場に戦いを挑んだ、とある卸問屋のネットショップ店長の店舗運営の記録である。
EC市場においてまったく無名の弱小ネットショップが、この店長を迎えてから わずか2年にして年商3億円達成をなし遂げた奇跡を通じて、今期売上10億円を目標に掲げて 楽天市場をはじめ、ネット通販市場に更なる戦いを挑んだ物語の記録である。
売れるネットショップの教科書


現役楽天店長ネットショップに関する情報をほぼ毎日更新しています。 Amazonやヤフーショッピングなどでも4年間の店舗運営の経験がありますので微力ですが、ネットショップやモールでのネット販売に関することなら日本で2番目くらいに詳しい自信があります(笑)いつか読者様のお役にたてる日が来るかもしれません。是非、「読者登録」をお願いいたします!

フェイスブックページなら、毎日「3億円の秘密」が自動で届きます!
「いいね」して「売れるヒント」をGETしてください。

見せてもらおうか?楽天市場の性能とやらを!ネットショップで売上10億円を目指す楽天店長ブログ

f:id:billionman:20170704183733j:plain

今日の釣果
ネットショップの運営だけで「年商10億円」を目指している楽天店長の店舗運営の記録をブログに残していきます。

楽天店長ですが、アマゾン店長でもあり、ヤフーショッピング店長でもあり、ポンパレモール店長でもあり、Wowma店長でもあり、キューテン店長でもあります。
要するに多店舗展開しているネットショップの店長という立ち位置になります。

他にもMakeshopやBase、カラーミーショップなどでも自社ネットショップを運営しています。

昨年の総年商は「3億円」を突破しました!今期は、「売上10億円」を目標に店舗運営の日々を送っています。

よくある質問で、「どこの大手企業のネットショップ運営をしているのですか?」と聞かれるのですが、
とっても小さな卸問屋(従業員数10名以下)のネットショップです。運営担当者も3名しかおりません。

こんな小さな規模の会社、ネットショップでも10億円売り上げられることを証明するために
日夜ネットショップの運営に励んでおります。

では今日の業務報告いってみましょう!

現在の年商(直近1年間の売上総額)

3億178万5080円

直近1年間の月次売上

2017年6月 ¥29,987,901
2017年5月 ¥22,986,507
2017年4月 ¥24,806,553
2017年3月 ¥25,416,226
2017年2月 ¥20,923,165
2017年1月 ¥20,428,399
2016年12月 ¥24,203,039
2016年11月 ¥20,537,935
2016年10月 ¥21,820,994
2016年9月 ¥28,608,250
2016年8月 ¥27,797,223
2016年7月 ¥34,278,888

本日までの釣果|月次売上

¥4,254,506

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

5%


今月の主要モールの受注件数

2017年7月4日(火)

  • 【楽天市場】 463件
  • 【楽天市場2号店】 9件
  • 【Amazon】 459件
  • 【ヤフーショッピング】 69件
  • 【ポンパレモール】 5件
  • 【Wowma!】 39件
  • 【Qoo10】 22件

本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、「毎日○○DAY」のイベント企画として本日は「夏のトレンドDAY」を開催中。この夏のヒット商品として冷却マットやスマホ防水ケース、お中元関連商品などを特集。
Amazon Amazonでは、7月10日(月)18時から、翌日11日23:59まで「primeday」の開催予定。primedayは一年に一度の最大級のセールイベントの予定。イベント予告としては、10000円以上の買い物で100ポイントをプレゼントしたり、日用品などが最大30%となるなど、一年に一度の大規模セールらしく顧客還元要素が目白押し。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、明日5日は「5のつく日」のイベントが開催される。5のつく日は通常日より売上が2倍~3倍期待できる。
ポンパレモール ポンパレモールでは、ポンパレモールで見つける季節のご挨拶と題して「お中元・夏ギフト」特集を開催中。7月はネット通販ではお中元・夏ギフト商戦でもある。
Wowma! Wowmaでは、複数ショップ買い回りでポイントが最大16%還元される「ポイント大増量」イベントを開催中。
その他の情報 メガネスーパーが、実店舗での販売の際、支払方法として、ビットコインによる決済にも対応したと発表があった。ネット通販各社もビットコイン決済導入が急がれる。

今日は何の日?【7月4日】

梨の日
1862年 - チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)がヘンリー・ジョージ・リデルの娘3人と川遊びをする。その時にリデルの次女アリスの求めに応じドジソンの話した話が、後に手書き本『地下の国のアリス』(『不思議の国のアリス』の原型)となる。
1997年 - アメリカの火星探査機「マーズ・パスファインダー」が火星に着陸。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天デイリーランキングは、本日の第一位と二位は同じネットショップ「scope versionR」のクリアタンブラーが獲得。scopeとは楽天市場のなかでも雑貨部門で非常に人気のある店舗。独自のセンスで選んだ商品が多くのファンから支持されている。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーデイリーランキングは、本日のランキングは、炭酸水や飲料水をはじめとした夏の需要製品がメインのランキングとなった。気になる商品としては、19位にランクインした「タイプ13(R)スペシャルティ珈琲大入り福袋(Qブラ・Qホン・夏・バル/各500g)」というコーヒー豆の福袋商品。3670円と決して安いわけではなくランキング入りする商品は、商品自体に非常に高い魅力があることが多い。


【今日の反省と明日へのPDCA】当店の楽天市場は1年間でどれだけ成長できたのか?

シャア

ネットショップを運営し続けていると、売上目標として比較の基準となるのが「昨年対比」です。
リアル事業でも昨年対比は、100%以上を目指すことが前提となる場合が多いと思います。

当店でも、ネットショップの年商10億円を目指している以上、目標を細分化して、
月商8400万円の達成を安定的に行えるネットショップになれば、
自然に年商10億円のネットショップへと成長できると信じて店舗運営を行っています。

そこで、本日は、今年も半年が終了したこともあり、
当店の楽天市場の成長具合について、2016年6月の売上と
先月、2017年6月の売上について、比較してみました。

ネットショップの成長速度がどの程度なのかの参考にしていただければ幸いです。

では、2017年6月の当店楽天市場の売上状況から振り返っていきたいと思います。

楽天の2017年6月店舗カルテ


2017年6月の売上は、1596万円でした。

売上に大きく貢献した商品は、飲料製品でした。

また、売上の公式を見ていただいておわかりになられると思いますが、
アクセス人数が、「26113人」と、当店目標であった「23000人」を113%の達成率で上回りました。

ネットショップの売上において、転換率と客単価については、
利用者側に依存しがちであるため、店舗側では狙って数値を向上できません。

そのため、もっとも取り組みやすい売上アップの方法としては、
「アクセス数」「アクセス人数」を増やすことです。

つづいて、当店楽天市場における、2016年6月と2017年6月の
「アクセス人数」「転換率」「総売上」をグラフで比較してみます。

楽天の昨年対比


ご覧のとおり、アクセス人数は約4000人増加しています。

それ以上にうれしいポイントとしては「転換率」が

13.05% → 14.78%

に一年間で大きく上がったということです。

ちょっと成長


転換率は通常、アクセス数が増えると減少傾向となります。

それが、逆の動きを見せたというあたりには、
ユーザーが即決してくれる商品が増えてきたということの表れでしょう。

総売上は、当然ながら、比例して上がります。


2016年6月の売上と2017年6月の売上の詳細をご説明いたします。


2016年6月の売上


昨年6月は、一日あたりの平均売上額が、「42万円」でした。

購入されたデバイス別でみると、パソコンからの購入が最も多く、次いでスマートフォンからの購入でした。

続いて、今年の6月の売上を見てみましょう。

2017年6月の売上


今年の6月は、一日あたりの平均売上額が、「53万円」でした。

一年間で、一日当たりの売上が、「約11万円」増加しています。

購入されたデバイス別でみると、パソコンが、603万円なのに対して、スマホからの購入は「908万円」と
スマホからの購入の方が圧倒的に増えていることがわかります。

最後にそれぞれの項目について詳細をご説明いたします。

昨年対比


いかがでしょうか?
あくまでも当店の結果ですので、すべての楽天市場のショップが
同じような割合とは限りませんが、スマホからのアクセス、購入が最も多くなる傾向については
ほぼすべての出店店舗にいえるポイントだと言えます。

スマホページは、楽天市場をはじめ、ヤフーショッピングなどでも
まだまだ、インターフェイス、操作性や回遊性などは高いと言えません。

改善要素が沢山あるからこそ、他のライバル店舗に差をつけやすいポイントが
スマホ対応だとも言えます。

ぜひ、すでに楽天市場やヤフーショッピングに出店されている店舗さんは
スマートフォンページの改善について、優先度を高めて作業にあたっていただければと思います。

これから先、パソコンからの流入は減少し続けますので、
スマホでいかに見やすいか、商品の魅力が伝わりやすいか、回遊しやすいかなどを重視して
店舗デザインなども検討してみてください。


本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。

楽天市場の資料請求はこちら

 

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 
売れるネットショップの教科書

フェイスブックページなら、毎日「3億円の秘密」が自動で届きます!
「いいね」して「売れるヒント」をGETしてください。

ブログランキングにも参加しています。
「店長すげーな!」
「今日も夜中までがんばれ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m