ネットショップで年商10億円を目指す楽天店長ブログ

楽天市場・yahoo!ショッピング・Amazon・Wowma・ポンパレモールなどでネットショップを運営している店長の年商10億円を目指す奇跡のブログです。

このブログは、市場規模15兆円のネット通販市場に戦いを挑んだ、とある卸問屋のネットショップ店長の店舗運営の記録である。
EC市場においてまったく無名の弱小ネットショップが、この店長を迎えてから わずか2年にして年商3億円達成をなし遂げた奇跡を通じて、今期売上10億円を目標に掲げて 楽天市場をはじめ、ネット通販市場に更なる戦いを挑んだ物語の記録である。
売れるネットショップの教科書


現役楽天店長ネットショップに関する情報をほぼ毎日更新しています。 Amazonやヤフーショッピングなどでも4年間の店舗運営の経験がありますので微力ですが、ネットショップやモールでのネット販売に関することなら日本で2番目くらいに詳しい自信があります(笑)いつか読者様のお役にたてる日が来るかもしれません。是非、「読者登録」をお願いいたします!

フェイスブックページなら、毎日「3億円の秘密」が自動で届きます!
「いいね」して「売れるヒント」をGETしてください。

ECサイトの売上の公式って知ってるか?ネットショップで年商10億円を目指す楽天店長ブログ

f:id:billionman:20170718184451j:plain

今日の釣果
ネットショップの運営だけで「年商10億円」を目指している楽天店長の店舗運営の記録をブログに残していきます。

楽天店長ですが、アマゾン店長でもあり、ヤフーショッピング店長でもあり、ポンパレモール店長でもあり、Wowma店長でもあり、キューテン店長でもあります。
要するに多店舗展開しているネットショップの店長という立ち位置になります。

他にもMakeshopやBase、カラーミーショップなどでも自社ネットショップを運営しています。

昨年の総年商は「3億円」を突破しました!今期は、「売上10億円」を目標に店舗運営の日々を送っています。

よくある質問で、「どこの大手企業のネットショップ運営をしているのですか?」と聞かれるのですが、
とっても小さな卸問屋(従業員数10名以下)のネットショップです。運営担当者も3名しかおりません。

こんな小さな規模の会社、ネットショップでも10億円売り上げられることを証明するために
日夜ネットショップの運営に励んでおります。

では今日の業務報告いってみましょう!

現在の年商(直近1年間の売上総額)

3億178万5080円

直近1年間の月次売上

2017年6月 ¥29,987,901
2017年5月 ¥22,986,507
2017年4月 ¥24,806,553
2017年3月 ¥25,416,226
2017年2月 ¥20,923,165
2017年1月 ¥20,428,399
2016年12月 ¥24,203,039
2016年11月 ¥20,537,935
2016年10月 ¥21,820,994
2016年9月 ¥28,608,250
2016年8月 ¥27,797,223
2016年7月 ¥34,278,888

本日までの釣果|月次売上

¥23,053,380

今日の釣果

年商10億円のための月次目標達成率(目標月商:8,400万円)

27%


今月の主要モールの受注件数

2017年7月18日(火)

  • 【楽天市場】 3,080件
  • 【楽天市場2号店】 69件
  • 【Amazon】 1,855件
  • 【ヤフーショッピング】 494件
  • 【ポンパレモール】 50件
  • 【Wowma!】 119件
  • 【Qoo10】 108件

本日の主要モールのイベント状況

楽天市場 楽天市場では、本日○○DAYの特集として、「グルメDAY」を開催中。神戸牛や国産うなぎのかば焼きなど、ネット通販以外でも人気の高いグルメ商品をピックアップ紹介。
Amazon Amazonでは、本日もトップページで「fire」端末の特集イメージをメインに表示。Amazonでは、売上の60%以上は「アマゾンプライム会員」が作っていることもあり、プライム会員の増加がモール全体の流通額増につながることがわかっている。そのため、プライム会員のメリットとなるポイントを中心に会員誘導を強化している。
ヤフーショッピング ヤフーショッピングでは、7月19日(水)23:59まで「お買い物リレー」イベントを開催中。楽天市場の「お買い物マラソン」と同じく、店舗買い回りでポイントアップするイベント。
ポンパレモール ポンパレモールでは、昨日まで「ポイント還元祭」開催していたイベントが終了。現在はお中元ギフトなどの特集をメイン表示中。
Wowma! Wowmaでは、ショップ買い回りでポイント還元最大「16%」還元のポイント大増量イベントを開催中。
その他の情報 ヨドバシカメラが店頭受け取りサービス専用のネットショップをオープン。ヨドバシ梅田店に開設。

今日は何の日?【7月18日】

光化学スモッグの日
ネルソン・マンデラ・デー…南アフリカ共和国の政治家で、反アパルトヘイト運動を主導したネルソン・マンデラを賛える国際的な記念日。


本日の楽天市場とヤフーショッピングの売れ筋商品

楽天市場総合デイリーランキング

楽天デイリーランキング

【ランキングでの気づき】
楽天デイリーランキングは、昨日に引き続き第一位は「クリスタルガイザー」、2位には冷却マットがランクイン。その他の気になる商品としては、7月25日の土用の丑の日のウナギ需要が増えてきているようで、6位と11位にうなぎ商品がランクインしていた。



ヤフーショッピング売れ筋ランキング

ヤフー売れ筋ランキング

【ランキングでの気づき】
ヤフーデイリーランキングは、連日シードコムスYahoo!店の「亜鉛 約1ヵ月分」22円送料無料商品が一位を継続獲得中。お試しグルメ商品から、モバイルアクセサリなどがヤフーランキングでは常連化してきている。


ネットショップの「売上の公式」について知っていますか?

売上の公式
ネットショップの売上額を求める時、必ず意識する必要があるのが「売上の公式」です。

楽天市場などで本気でネットショップを運営されている店舗さんなら、
ほぼ毎日のように楽天RMSの「店舗カルテ」を確認されている方も多いと思います。

「ネットショップで売上●●円を目指したい!」

と目標設定を行った場合、その目標金額に対して、
それを構成するための要素があります。

今回は、非常に重要な「売上の公式」について
当店楽天市場2号店の2017年6月の月商をベースとして
簡単ではありますがご説明したいと思います。

まずは当店、楽天2号店の先月の売上の公式についてご覧ください。

RMS

当店の2017年6月の月商は「123万円」でした。

この売上を構成している要素として

  • アクセス人数
  • 転換率
  • 客単価

があります。

アクセス人数とは、その名前の通り、
ネットショップにアクセスしてきた「人数」です。
ネットショップの管理画面によっては「UU(ユニークユーザー数)」と呼ばれることもあります。

転換率(てんかんりつ)とは、商品ページにおいて、その商品が購入された「購入確率」の事です。
転換率1%の場合、100人が来店してきて、1人が購入する状態を言います。
ネットショップにおける転換率は、商品ジャンルによっても異なりますが、通常物販サイトで3%前後と言われています。

当店も楽天一号店こそ、転換率「15%」を超えていますが、この楽天2号店は「5%」程度と、平均よりも少し高い転換率となっています。

ネットショップにおいて、転換率を上げるコツとしては、ユーザーに即決してもらいやすいように、商品情報を充実させたり
配送料金などがわかりやすいようにページ掲載を工夫するなどの地道な商品ページメンテナンスを行うことが重要です。

最後に「客単価」ですが、これは一般の店舗でもよく意識される要素で、一人の顧客が、一回で購入する際の「平均金額」です。

ネットショップの客単価は、販売する商品に依存するため、高級アクセサリーや自動車など、高額商品を販売する
ネットショップは、必然的に高くなりますし、日用品やお試し商品などを販売するショップであれば、
客単価は低くなる傾向にあります。

当店では、安い商品なら、200円程度のお試しから、高い物なら10万円以上の業務用商品まで販売していますが、
客単価は、最もよく購入される商品の価格帯である3000円~4000円でここ数年推移をしてきています。

各要素それぞれに、数値改善のポイントやコツがありますが、
基本的に「転換率」と「客単価」については、
ある程度までしか上昇しないことと、顧客依存の数値であるため
店舗運営者が意図的に操作できない要素です。

意識して数値を向上できる唯一のものが「アクセス人数」です。

多くのネットショップ運営者の方は、このアクセス人数、アクセス数を
増やすことがどれだけ難しいかをご理解いただけるかと思います。

ただ、難易度は高いように見えて、実際の所、
もっとも簡単(な手順と方法)で増やし続けられる数値は
この「アクセス人数」以外にはありえません。

転換率は絶対に100%になりませんし、50%にすることも無理でしょう。

当店の転換率「15%」が一つの目安といいますか、
どれだけ売れるネットショップを運営されていたとしても
平均が3%といわれる要素ですから、店舗全体の転換率は、20%以下になると思います。

客単価についても同様で、単価を上げたいからと高額商品ばかりを登録しても
肝心のお得意様、リピーターがこれまで購入していた商品の単価よりはるかに高い商品が
そうそう売れるはずもありません。

アクセス数を増やす方法は、ネットショップ運営者の売上向上の永遠のテーマとも言えます。


では、今回は、各要素がそれぞれ、「2倍」になった場合、
売上にどうつながるかをご説明していきます。


もしもアクセス人数が「2倍」になったとしたら?

売上の公式

アクセス人数が、通常時の2倍、14000人になったとしたら、
売上も、2倍の「245万円」となります。



もしも転換率が「2倍」になったとしたら?

売上の公式

転換率が、通常時の2倍、10%になったとしたら、
売上も、2倍の「245万円」となります。

お気づきの方もいるかと思いますが、単純に算数の問題です。

転換率を現在の2倍に引き上げるのは、現在の転換率の状況にもよりますが、
既にある程度対策ができているネットショップであれば、非常に難しい施策だと思います。

当店でいえば、楽天一号店は転換率が「15%」ありますので、これを
「30%」に引き上げるのは、至難の業と言えるでしょう。

ただ、楽天二号店の場合なら、同じ商品を販売している店舗が
「15%」の転換率を持っているわけですから、「5%」の二倍、「10%」は
十分可能性があると言えますよね。



もしも客単価が「2倍」になったとしたら?

売上の公式

ユーザーひとりあたりの客単価が、通常時の2倍、7000円になったとしたら、
売上も、2倍の「245万円」となります。

ここまでで、お分かり頂けた方もおられるかと思いますが、
本当に、単純な算数、掛け算の組合せにすぎません。

ただし、この掛け合わせが、売上を構成する重要要素であり、
ネットショップ運営時には、毎日意識的に追いかけ続ける必要がある
数字になります。

客単価を2倍にするには、もともと客単価が低すぎる店舗であれば、
十分に対策方法があります。

例えば、送料無料になる、合計金額を引き上げる方法。

「5000円以上で送料無料」などのネットショップを見たことがあると思います。

通常時の客単価が、「1500円」のネットショップの場合、
「3000円以上で送料無料」という送料設定を設ければ、
多くのユーザーは、合計金額が「3000円以上」になるように
お買い物をしてくれるようになります。

これまでの客単価が1500円だったものが、
送料無料の閾値を3000円にしたことで、
客単価も3000円を上回れるようになるわけです。

この方法をいろいろなネットショップで見かけるかと思いますが、
多くのネットショップが取り入れるほど、非常に有効な手法だと言えます。

客単価上昇の方法として参考にしてください。

もう一つの方法としては、

「商品2点以上の購入で利用できる割引クーポンを発行する」

というあわせ買いを促す方法です。

よく、リアル店舗、アパレル店舗などで、

「2点目から○○%OFF」

などの販売方法を見かけたことはありませんか?

商品を複数購入してくれることで、客単価が上がるという
実店舗でも導入ケースの多い客単価アップの方法です。


もしもアクセス人数と転換率の両方が「2倍」になったとしたら?

売上の公式

最後に、アクセス人数、転換率の両方が、2倍になった場合について。

これは、2倍×2倍で当然「4倍」の売上となります。

ネットショップの運営において、売上の公式は非常に重要な指標であり、
ネットショップを運営していく限りは、常に意識し続けなくてはならない
重要な公式です。


本日ご説明してきた売上の公式については
以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

【参考】売れるネットショップの売上アップの法則


本日の情報もみなさんのネットショップ運営の参考になれば幸いです。

本日も数字は全部「リアルガチ!」でお届けしました。

楽天市場の資料請求はこちら

 

ブログランキングにも参加しています。
「店長スゲーな!」
「今日も夜中までガンバレよ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m

「俺は今なんだよ!!」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 
売れるネットショップの教科書

フェイスブックページなら、毎日「3億円の秘密」が自動で届きます!
「いいね」して「売れるヒント」をGETしてください。

ブログランキングにも参加しています。
「店長すげーな!」
「今日も夜中までがんばれ!」
「10億行ったら奢って!」
と思っていただけましたら、
ポチッとご協力をお願いいたしますm(_ _)m